ログハウスを建てるのにかかる費用とは

ログハウスを建てて家族で過ごす、そんな夢を描いている人も少なくないでしょう。子供と遊び心満載のハウスにしたり、癒される空間としてそこでのんびりとすごしたいと考えている人もいるでしょう。しかし、現実問題としていったいどれぐらい費用がかかるのか、すべてかかるとしたら一体いくらになるのかとても気になると思います。建てる場所にも寄りますし、また頭金としてどれぐらい用意しておけばよいのかも想像できないのではないでしょうか。周りにログハウスを建てた事があるという人はほとんどいないと思いますので、意見も聞く事もできません。材料費やその工期、ほかにも必要な経費など、人それぞれ重きに置くところは違いますが、いろいろ計算してみるとどれぐらいになるのか検討してみたいと思います。

材料費から考えてみるとよくわかる

ログハウスを建てるときには、まず基礎工事と屋根工事と考えていかなければなりません。一階建てと2階建てによっても違ってきますが、1階だけにする方(平屋)が非常に割高になると考えた方が良いでしょう。またこのハウスを建てる時にどれぐらいの土地面積かによっても違ってきます。だいたい材料費で考えると300万円ぐらいかかるとした場合にかかる工事に関しては、約2倍かかってきます。ですので、すべて計算して出してみると合計で900万円ほどかかります。また、材料費として倍かかった場合ならば工事としても倍になるのかと考えると思います。しかし、材料費がかかる場合も、工事費がそれほどかからないので、こちらのほうが得といえます。どちらか検討して材料費を多くした方がよいのかどうかをかんがえるとよいでしょう。

坪単価では計算しないほうが賢明

よく坪単価で計算するところがありますがログハウスの場合坪単価で計算したものは、あまりあてにはなりませんので気をつけてところです。また、セルフビルドをする場合は、工事でも、自分が行う分、負担はないことになるので、その分は浮くことになります。従って、資金計画を立てる場合には、自分でまず建てるのが材料費としてどれくらいいるのかなどを検討してはいかがですか。業者に任せる場合は坪単価で計算されることが多いのですが、業者によっては幅がありますのでその辺をしっかりと相談して決めていくと良いでしょう。安い金額で引き受けてくれる業者を信用するというよりも、信用できるパートナーとして考えた場合にこの業者が良いという形で決めて、値段で考えてみてみるのも一つの方法だと思います。